予想

亀谷敬正のG1ビーム_エリザベス女王杯編

今週11月10日に行われる古馬牝馬G1エリザベス女王杯の血統を分析しています。まず最初に現在の京都芝の傾向を京都大賞典と秋華賞の勝ち馬である、ダンビュライトとクロノジェネシスの血統構成を解説。
更に菊花賞2着のサトノルークスの血統構成を解説しています。
次に、2200mが日本では非主幹距離なので、外国馬との兼ね合いを実例を説明しながら説明しています。
後は、上がり最速馬の説明と3歳と古馬との比較をして最後に次回動画(出走馬の解説)の番組の説明で締めています。

関連記事

  1. やーしゅん馬体予想_高松宮記念 やーしゅん馬体予想_高松宮記念編
  2. エリザベス女王杯の馬体診断 やーしゅん馬体診断_エリザベス女王杯編
  3. 亀谷敬正の血統の教室_天皇賞(秋) 亀谷敬正の血統の教室_スプリンターズステークス_出走馬編
  4. やーしゅん馬体予想_桜花賞 やーしゅん馬体予想_桜花賞編2
  5. 亀谷敬正の血統の教室_エリザベス女王杯 亀谷敬正の血統の教室_エリザベス女王杯_傾向と対策
  6. 亀谷敬正の血統の教室_天皇賞秋png 亀谷敬正の血統の教室_天皇賞(秋)出走馬編
  7. 亀谷敬正の血統の教室_ヴィクトリアマイル 亀谷敬正の血統の教室_ヴィクトリアマイル編_出走馬診断
  8. 亀谷敬正の血統の教室_菊花賞賞 亀谷敬正の血統の教室_菊花賞_傾向と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP