ニュース

コロナウィルスで滅ぶチャイナ経済とグローバリズム-これから起こる10の考察 

藤井厳喜_コロナウィルス

10年ほど前に講演を聞いてから、Youtubeで動画を拝見しています。
ハーバード大学卒でアメリカを始めとする国際政治学者としての見識は確かだと思います。そんな藤井厳喜さんが中国で発生したコロナウィルスの影響を踏まえて今後の世界の予測を10個挙げています。

①中国経済が壊滅的な打撃(GDP10%減は避けれない)
②アンチグローバリズムが推進される
③中国人選手のオリンピック不出場
④習近平の国賓来日のキャンセル
⑤中国に対する出入国規制の強化
⑥突貫工事で作られた病院は死体収容所となる
⑦中国経済閉鎖化が加速
⑧米中経済分離がさらに加速
⑨WHOの機能不全が明確化
⑩中国と付き合う企業は衰退する

トランプの当選を当てた人なのである程度、信用できると思います。
皆さんはどう思いますか?



関連記事

  1. 上海市_コロナウィルス コロナウィルス発祥地の武漢から800km離れた上海の街は今
  2. DEEPMAX_コロナウィルス コロナウィルスについてSARSの経験から妙佛さんが語ります_DE…
  3. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナウイルス速報③】_生物兵器として作られたコロナウイル…
  4. 中国政府_コロナウィルス 妙佛さんがコロナウィルス対策で建設した隔離施設の習近平の意図とは…
  5. コロナ_京都大学 コロナに新説_マスクもソーシャルディスタンスも関係なし_日本は集…
  6. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナ速報】人為的に操作された痕跡?医師が指摘する「武漢肺…
  7. TTMつよし_コロナウィルス TTMつよし君がコロナウィルスの情報を中国のお友達に聞きました。…
  8. コロナウィルス_藤井厳喜 「中国:全国人民代表大会の延期の意味は●●」 – 日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP