ニュース

コロナウイルスで起こる今後の世界情勢を藤井厳喜氏が解説

コロナウイルス_藤井厳喜

コロナウイルスの正体がまだ良くわかっていないようですが、アミノ酸配列が今までにない仕組みで人工的なものではないかと考えられている。
生物化学兵器の疑いが高まっているようです。

中国の軍の生物化学兵器の第一人者が武漢入りした模様。

中国が発表する感染者数は当てにしてはいけない、その理由としてPCR検査は時間がかかる事を解説しています。

2月に入り中国55の都市封鎖が実施されています。

日本政府の対策として中国からの渡航者を全面的にストップしないとコロナウイルスの大発生は止められないとの見解。
一回治っている患者が再度発病するケースが報告される。
日本企業は撤退したいけど撤退できない状況なので、これを機に政府が撤退を支援すべき、アメリカでは5Gを排除する絶好のチャンスとみている。

日本経済は2つのショックで今後落ち込む事が必至で、1つは今回の武漢肺炎ともう一つは去年の消費税増税、大型予算をつけて経済対策をしなければとんでもない事になると予想しています。



関連記事

  1. サバクトビバッタ_妙佛さん 妙佛さんも解説!_中国大陸に押し寄せるイナゴの大群(蝗害)
  2. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナ速報】人為的に操作された痕跡?医師が指摘する「武漢肺…
  3. コロナウィルス_国立感染研究所 【ノーカット】国立感染研究所が新型コロナウイルスの分離に成功 記…
  4. 松田学_コロナワクチン 新型コロナワクチン ファイザーとモデルナ(mRNAワクチン)を打…
  5. コロナウイルス_ホリエモン 新型コロナウイルスについて専門家に聞く_ホリエモンチャンネル
  6. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナ速報②】なぜロケット部隊、サイバー部隊まで、閉鎖都市…
  7. コロナウィルス_武田邦彦 コロナウィルスとインフルエンザウイルスの比較_武田邦彦
  8. 中国政府_コロナウィルス 妙佛さんがコロナウィルス対策で建設した隔離施設の習近平の意図とは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP