ニュース

妙佛さんも解説!_中国大陸に押し寄せるイナゴの大群(蝗害)

サバクトビバッタ_妙佛さん

中国メディアの新華社通信でも、イナゴの大群が今年の夏頃に押し寄せる可能性があると報道しているようです。新華社通信は政府系の情報機関なので、政府にとって都合の悪い情報は流さないので、そのメディアが報道するという事はかなりの確率で襲来するのではないかと思います。

襲来が予想される地域は中国西部の新疆地区だとしています。
しかし、蝗害は中国では珍しい事ではなく、2000年にも同じような事があったそうです。その時の対策としてアヒルを3万羽を最初に投入して、その後10万羽を投入して5か月かかったのですが成功を収めたそうです。
アヒルは雑食でバッタも食べるそうです。

今回も同じ作成で対応できるのかと思いきや、問題があるそうです。
中国では、コロナウイルス以外にも鳥インフルエンザが蔓延していて、その際に大量の鳥を殺処分にされてしましたました。アヒルもその例に漏れず大量の雛アヒル達が殺処分のされる羽目に…

更にコロナウイルス騒動で、運搬機関などが機能不全に陥っている現在、アヒル達を運ぶ事も出来ない状態になっています。
その様な状況からアヒル作戦ではなく、殺虫剤での蝗害対策になるのではと予想されます。その結末は日本にも影響が出で来るような気がします…

関連記事

  1. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナ速報】人為的に操作された痕跡?医師が指摘する「武漢肺…
  2. 上海市_コロナウィルス コロナウィルス発祥地の武漢から800km離れた上海の街は今
  3. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナウイルス速報④】「日本政府が中国人渡航を全面禁止しな…
  4. TTMつよし_サバクトビバッタ TTMつよし君が、中国に襲来するといわれているイナゴの大群につい…
  5. コロナウィルス_武漢、広州 コロナウィルス対策_武漢市と広州市の2月に入ってからの街の様子
  6. DEEPMAX_コロナウィルス コロナウィルスについてSARSの経験から妙佛さんが語ります_DE…
  7. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナウイルス対談①】「新型コロナウイルスと政治」なぜ、台…
  8. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナ速報②】なぜロケット部隊、サイバー部隊まで、閉鎖都市…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP