ニュース

【新型コロナウイルス対談①】「新型コロナウイルスと政治」なぜ、台湾を通して中国を読み解くのがベストなのか?

コロナウイルス_藤井厳喜

この度のコロナウイルス騒動の日本政府と台湾政府の対応の違いを対談しています。藤井厳喜氏はイスラエルはアメリカ情勢、ポーランドはロシア情勢、そして台湾は中国情勢を詳しく研究していると指摘しています。

コロナウイルス対策も中国情勢をよく把握して迅速な対応が蔡英文政権で出来ていた様です。日本と違い一切の中国への忖度はなく、人権よりも「国民の健康」を最優先しました。

野党の国民党は日本の自民党と同じくマスクを中国に送ろうとしましたが、蘇貞昌はマスクの輸出を禁止して個人での持込も数の制限を行いました。
また、中国人の入国をいち早く禁止して感染の拡大を阻止しました。

日本でもこのような対応が出来る政権はいつ出来るのでしょうか?



関連記事

  1. 中国政府_コロナウィルス 妙佛さんがコロナウィルス対策で建設した隔離施設の習近平の意図とは…
  2. コロナウイルス_藤井厳喜 【新型コロナウイルス速報③】_生物兵器として作られたコロナウイル…
  3. ブルーインパルス 東京都内 医療従事者に敬意、東京都内を飛行 空自ブルーインパルス
  4. コロナウィルス_武漢、広州 コロナウィルス対策_武漢市と広州市の2月に入ってからの街の様子
  5. 妙佛 DEEP MAX P2P まだやってたP2P金融!実態はナニワ金融道も真っ青【妙佛さんの …
  6. コロナウィルス_武田邦彦 コロナウィルスとインフルエンザウイルスの比較_武田邦彦
  7. 放送室_ 松本が浜田に感謝している事 松本人志の放送室_山崎邦正(現月亭方正)の嫁の話
  8. 藤井厳喜_コロナウィルス コロナウィルスで滅ぶチャイナ経済とグローバリズム-これから起こる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP