ニュース

【新型コロナウイルス対談①】「新型コロナウイルスと政治」なぜ、台湾を通して中国を読み解くのがベストなのか?

コロナウイルス_藤井厳喜

この度のコロナウイルス騒動の日本政府と台湾政府の対応の違いを対談しています。藤井厳喜氏はイスラエルはアメリカ情勢、ポーランドはロシア情勢、そして台湾は中国情勢を詳しく研究していると指摘しています。

コロナウイルス対策も中国情勢をよく把握して迅速な対応が蔡英文政権で出来ていた様です。日本と違い一切の中国への忖度はなく、人権よりも「国民の健康」を最優先しました。

野党の国民党は日本の自民党と同じくマスクを中国に送ろうとしましたが、蘇貞昌はマスクの輸出を禁止して個人での持込も数の制限を行いました。
また、中国人の入国をいち早く禁止して感染の拡大を阻止しました。

日本でもこのような対応が出来る政権はいつ出来るのでしょうか?



関連記事

  1. サバクトビバッタ_妙佛さん 妙佛さんも解説!_中国大陸に押し寄せるイナゴの大群(蝗害)
  2. コロナウィルス_国立感染研究所 【ノーカット】国立感染研究所が新型コロナウイルスの分離に成功 記…
  3. コロナウイルス_ダイヤモンドプリンセス 【新型コロナウイルス速報⑤完】「現役医師Dr.林が答えるPCR検…
  4. チャンネル桜 林千勝 カールマルクスとロスチャイルド家との繋がり/現在のディープステー…
  5. TTMつよし_コロナウィルス TTMつよし君がコロナウィルスの情報を中国のお友達に聞きました。…
  6. TTMつよし_サバクトビバッタ TTMつよし君が、中国に襲来するといわれているイナゴの大群につい…
  7. 中国_三峡ダム_洪水 三峡ダム放流でチャイナの長江流域大規模な洪水
  8. DEEPMAX_コロナウィルス コロナウィルスについてSARSの経験から妙佛さんが語ります_DE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP