歴史

目から鱗の日本の歴史_縄文のビーナスと土偶

目から鱗の日本の歴史 縄文のビーナス

縄文文明を語るうえで欠かせないのが土偶ですが、その土偶を3つの例を挙げて説明します。3体共に共通しているのは、女性である事です。
まず最初は、つがる市で発見された遮光器土偶について説明があります。
2体目は、山形県の舟形町西ノ前遺跡で出土した縄文の女神、最後に長野県茅野市の棚畑遺跡で出土した縄文のビーナスについて語ります。

縄文時代に作られた土器の数(推定)には驚かされました。



関連記事

  1. CGS目から鱗の日本の歴史 ねずさん 世界最古の文明は日本から? 【CGS 日本の歴史 1-2】
  2. 目から鱗の日本の歴史_どこから来たの日本人 【CGS 日本の歴史 1-1】_どこから来たの?日本人 〜文明の…
  3. 目から鱗の日本の歴史 小名木善行 目から鱗の日本の歴史_縄文文明と戦争_平和を愛するDNA
  4. CGS目から鱗の日本の歴史 元祖和風スイーツ!? 縄文クッキー 〜縄文「文明」を探る〜【CG…
  5. cgsねずさん_目から鱗の日本の歴史 ねずさんの歴史講座__日本人として誇りを持とう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP