予想

やーしゅん馬体予想_天皇賞(秋)編

やーしゅん馬体予想_天皇賞(秋)

今週は秋の古馬G1戦線第1弾の天皇賞(秋)を予想していきます。
今年はアーモンドアイがG1最多勝となるかが、見所ですね。

今週も特注馬については競馬ラボの馬体FOUCSで掲載しています。また、ラジオ日本の競馬実況ではパドック解説でも登場します。

それでは、馬体診断にはいります。今年の東京競馬場は例年に比べて時計がかかりそうな馬場となっていることから過去の好走例から、リアルスティール・ステファノス・スピルバーグの特徴として、背中が短めで腹回りが長い(瞬発力に優れている)、斜尻(瞬発力に優れている)馬が理想です。

その点を考慮して、診断する馬は、アーモンドアイ・フィエールマン・クロノジェネシス・ダノンキングリー・ダノンプレミアムですが、一番評価を受けた馬とは・・・



関連記事

  1. やーしゅん馬体_皐月賞 やーしゅん馬体予想_皐月賞編
  2. やーしゅん_阪急杯 やーしゅん馬体予想_阪急杯編
  3. 亀谷敬正の血統の教室_ヴィクトリアマイル 亀谷敬正の血統の教室_ヴィクトリアマイル編_出走馬診断
  4. 亀谷敬正の種牡馬_エピファネイヤ 亀谷敬正の種牡馬辞典_エピファネイヤ編
  5. 亀谷敬正のG1ビーム_エリザベス女王杯編
  6. やーしゅん馬体予想_神戸新聞杯 やーしゅん馬体予想_神戸新聞杯編
  7. やーしゅん馬体予想_アルゼンチン共和国杯 やーしゅん馬体予想_アルゼンチン共和国杯編
  8. やーしゅんフェブラリーステークス やーしゅん馬体予想_フェブラリーステークス編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP